お茶の入れ方  

対象:高山烏龍茶、凍頂烏龍茶、ジャスミン茶、東方美人茶、プーアル痩健美茶

 お茶をいれる事を台湾では泡茶(パオチャー)といいます。泡茶には、日本の茶道のような決まりはなく人さまざまな入れ方があります。時間をかけてゆっくり丁寧に入れる「功夫茶(ゴンフーチャ)」という入れ方もあれば、湯のみに茶葉を入れ湯を注ぐだけという入れ方もあります。

ここでは、お茶を簡単に美味しくいれるポイントを紹介したいと思います。


美味しいお茶は熱く入れます。
沸騰したてのお湯を使ってお茶を入れるのはもちろん、きゅうす、湯のみ等の茶器も、あらかじめ温めておくと、いっそう香りが引き立ち格段に美味しくなります。



茶葉とお湯の量の割合は、いってみれば案外適当なものです。
というのは茶葉の割合が少なければ長めに、茶葉が多ければ短めにむらすといったように調整が効くからです。
大山茶芸館では湯200ml当たり10gの茶葉の割合でいれるのをおすすめしています。
茶葉の重さをはかるのが面倒であれば、きゅうすの容量の1/3を目安に茶葉を入れるという方法もあります。
蒸らす時間は茶葉にもよりますが、一煎目は20秒、二煎目以降は10秒ほどでさっといれます。
この割合では、お茶を8回から10回いれることができます。
これらのポイントを抑えれば、美味しいお茶を簡単に入れることができます。
 
 
日付 : 2006/02/20 照会 : 4670